HOME | 採用情報 | 先輩社員インタビュー(課長)
製品に関するお問合せ tel . 03-3761-6787

先輩社員インタビュー

K.W.(営業一課・課長)

部下を信頼し、仕事を任せること。フォローアップしあう体制で存分に力を発揮してもらいます。

主に電線、ケーブル、ヒーターなどの製品をお客様に提供する仕事をしています。電線やケーブル、ヒーターときくと馴染みがなく、イメージがしづらいと感じられるかも知れません。 しかし、実はPCと機器をつなぐケーブルや電気カーペット用のヒーター線など、普段の仕事や日常生活の中でも接する機会の多い製品も多数取り扱っています。
お客様は法人がほとんどで、既存のお客様への営業の他に、新規のお客様への営業も積極的に行っています。新規といっても飛び込み営業などではなく、ほとんどがホームページからの問い合わせによるものです。 また、既存のお客様からのご紹介も多く、これは私たちの製品に対する信頼の証でもありますので、大変ありがたく、大切なご縁だと感じています。
この他、展示会や商談会に参加するなど営業の機会も広げています。

最近はICTツールの発達により顔を合わせずに仕事が進んでいくことも多いと思いますが、私は営業に大切なことはやはり人と人とのつながりだと思います。 そのため、なるべくお客様と直接お会いする機会を作り、そのお客様のことを知ることを心がけています。

また、私は管理職という立場にありますので、部下の皆さんが存分に力を発揮してもらえるような指導を心がけています。 基本的には部下を信頼し、仕事を任せることです。慣れない仕事の場合には最初は苦労するかも知れませんが、それは確実に本人の力になります。 もちろん、必要な時には手を差し伸べますが。
営業一課では、毎週1回の営業ミーティング、月1回の振り返りミーティング、3ヶ月に1回の管理職と部下の面談など、情報共有の機会が多くありますので、業界動向を把握したり、 近況を報告し合ったり、悩みをみんなで解決し合うなど、お互いフォローし合いながら、営業全体としてのレベルアップ、売上拡大を目指しています。

【1日の流れ】
とある1日のスケジュールはこんな感じです。あくまで平均的な1日なのでご参考までに。
 8:30 朝礼
 9:30 お客様先へ(2~3件のお客様との打ち合わせ)
16:00 帰社し、案件に関する工場との調整や、お客様の課題についての技術部門とのやりとり
16:30 お客様へ見積書の提出、翌日の営業準備など
18:00 退社。だいたい18時には退社しています



お客様の課題を解決し、「ありがとう」と感謝される。これが営業の仕事の醍醐味です。

インターワイヤードの営業の特徴として、お客様から「こんな製品出来ますか?」と相談されることが多いということがあります。 お客様はそれぞれに課題を抱えていますので、それを解決して差し上げるのが、メーカー営業にとって一番大切な仕事・役割だと思います。 実際、課題が解決されたときには、感謝の言葉をいただくことができ、これが何よりの仕事の醍醐味ですね。
また管理職の私にとっては、部下の皆さんからいろいろと相談されるというのも仕事の喜びのひとつです。 ただ、部下が成長して相談に来る機会が減るというのも、寂しい反面実は喜びだったりします。



単に「モノを売る」だけでなく、「お客様と一緒にモノを作り上げる」こと。当社ならではの仕事の面白さとやりがいを実感しますね。

私が感じるインターワイヤードの良いところは、「自由度が高い」ことです。創業約100年のメーカーからはなかなかイメージできないかも知れませんが、例えば、私の場合、 営業でありながらお客様の課題を解決するために試作品を作るなど、「お客様と一緒に考え、求めている製品を作り上げる」ということも実践しています。 もちろん、これを行うには専門性が必要になりますので、普段から勉強やリサーチに努めています。 ただ「モノを売る」だけではなく、「一緒に作り上げる」ということが経験できる営業はなかなか無いのではないでしょうか。 工場もサポートしてくれますので一人ではなくインターワイヤード全員でお客様の課題解決に取り組んでいます。 そういった意味で言えば「モノづくりが好き」、そして、もちろん営業ですから「人が好き」という方には非常にやりがいのある仕事だと思います。



一緒に次の100年を創りだすビジネスを考えていきましょう!

インターワイヤードは残業が少なく、ワークライフバランスを重視した働き方ができるため、オン/オフをしっかり切り分けて、集中して仕事に取り組みたい方、 プライベートな時間を充実させたい方には働きやすい会社だと思います。
また、創業100年という老舗企業ながら、自由度が高く、常に新しいビジネスにアンテナを立てています。 私たちと一緒に次の100年を創りだすビジネスを考えていきませんか?ひとりひとりの顔が見えるこの会社なら、あなたの力を存分に発揮するチャンスがきっとあるはずです。

PAGE TOP